レディ

鳩の駆除を行なったら予防も忘れずに|これ以上被害を出さない為に

害鳥ハトに使えるアイテム

ハト

鳥獣保護法の関係から、市販されている鳩の駆除アイテムは寄せ付けない効果を発揮するものが多いです。そのため、設置の仕方によっては効果が薄いこともあります。使うアイテムによって工夫方法は異なりますが、上手く活用すれば鳩を傷付けることなく別の場所に移動してもらうことが可能です。

もっと読む

家の中で虫を発見したら

散布機

家の中に蟻を見かけるようなら早めに駆除するのが良いでしょう。蟻駆除の薬剤を巣に撒いたり、蟻の通り道に毒餌を置きます。これでも効果がない場合には専門の駆除業者を呼ぶのが良いでしょう。実績が多いなどしっかりした業者を選ぶようにして下さい。

もっと読む

ハトの糞害と対策

主婦

片付けの際は予防を忘れず

鳩は温厚な鳥なので攻撃的な危険性は低いのですが、糞害に頭を悩ませる方が多いようです。鳩は場所を選んで糞をしますが、仲間(鳩)の糞があるとそこは安全という認識になり、たくさんの鳩がそこで用を足すようになるといわれています。そのため、糞があったら片付けることで被害を未然に防ぐことが可能です。ただ、糞の片付けをする時には手袋やマスクといった防具をつけて行い、片付けが済んだら手洗うがいを念入りにすることが勧められています。その理由は感染症にあり、鳩を含めた鳥類の糞にはサルモネラ菌やクリプトコックス症を起こすウイルスが存在している可能性があるため、人間やペットが感染症にならないためにも予防をしっかり行うと良いです。

傷付けない対策業者が人気

糞の片付けをしてネットなどで対策したけど被害が改善されない場合は、駆除業者に依頼することをおすすめします。鳩は駆除に許可が必要になるので、取り掛かる前に自治体や駆除業者に相談してみると間違いが起きないと思います。許可がとれたら駆除業者が駆除を行うことができますが、被害状況によっては許可されないこともあります。そのような時は、殺傷や捕獲といった駆除ではなく、近寄らせない・追い払うといった危害のない駆除を行う業者の出番です。自分では上手く対策が行えない方にもこのような業者がおすすめで、隙間なくキレイにネットを設置してくれたり、対策アイテムを効率よく活用してくれます。また、対策方法も教えてくれるので危害なく何とかしたい方や許可が得られなかった方は殺傷又は捕獲のない駆除を行う業者を選ぶと良いです。

究極に安く済ませる

ねずみ

とにかくねずみ駆除の料金を安くしたいのであれば、自分で駆除に挑戦してみるといいかもしれません。ねずみ駆除には免許が必要ないので、駆除するグッズを買って自分でねずみ駆除を行い、料金を安くすることができるのです。

もっと読む

Copyright © 2017 鳩の駆除を行なったら予防も忘れずに|これ以上被害を出さない為に All Rights Reserved.